任意売却のメリット

住宅ローンを組んで新居を購入したものの、その後、病気やリストラ、収入減などのさまざまな理由で住宅ローンが払えなくなることがあります。返済をしないと滞納1か月目から、督促状や催告書が送られてきて、それを放っておくと、家は差し押さえられて競売にかけられてしまいます。

 

相談

ですから、返済が遅れそうなら、債権者に連絡をして住宅ローンのリスケジュールをお願いすることができます。もし、応じてもらえないなら、任意売却の申請をするという方法があります。

 

ローンが残っている住宅を売るには、残債を全額返済し、不動産登記された抵当権や差押えなどを解除する必要があるのですが、残債を一括返済できない場合に、債務を残したまま抵当権や差押えを解除してもらうというのが任意売却です。任意売却は、競売にかけるよりも、高い値段で売れますし、時間もかからないので、債権者も任意売却を受け入れる場合が多いです。任意売却にすれば、引越費用を確保できる場合もありますので、債務者によっても競売よりは有利になります。任意売却の相手を親族にして、親族から住宅を借りるという形にすれば、家を手放さずに住み続けることもできます。また、債権者への返済も、話し合いにより、無理のないペースでできるようになります。

 

ローンが支払えなくなったら任意売却は競売にかけられるよりもメリットが多いですが、ケースによってはスムーズに行かないこともありますので、まずは、任意売却専門の業者に相談してみてください。

 
更新履歴