任意売却のQ&A

ローン返済中の家を売る事はできますか?

ローン返済中の不動産には金融機関の担保=抵当権が設定されています。
金融機関は回収を確実にするために抵当権を設定しているので、知らないうちに所有者が変わっているということがないようになっています。

 

そこで、ローン返済中の家を売却する場合、売却代金で残債を全額清算するから、売れたら抵当権を抹消してくださいと連絡をしておきます。売却代金が残債より低くて、売ってもローンが残る状態を担保割れといいますが、その場合は不足分を清算して抵当権を抹消しないと、売却自体ができません。

 

かつて不動産の価値が下落を続けていた時期には、担保割れのために自宅の買い換えや借り換えができない例が多くありましたが、最近は金融機関で、自宅の買い換えの場合などに、不足分を新しい住宅ローンに上乗せするローン商品も取り扱っています。

 

家を売ったうえにお金を追加で払ったり、新たに借り入れを増やしてはメリットがないようですが、ローン全体の圧縮になる場合があります。たとえば、残債務5千万円の家が4000万円でしか売れないと、1000万円不足します。この時、家の立地や広さを見直して2500万円の家に住み替えれば、残債務は3500万円に圧縮できることになります。

 

まずは、現在ローン返済中の金融機関と、借り換えに応じられる金融機関がないか、ほかにも聞いてみましょう。

お金